日本橋料理人が医療従事者への弁当配送

スポンサーリンク
日本橋料理人が医療従事者への弁当配送 健康
スポンサーリンク

新型コロナウイルス感染拡大防止へ最前線となる病院で働く医療従事者に、東京・日本橋の料理人たちがランチ弁当を届けて取り組みが始まりました。

いつもは東京・日本橋の老舗料理店で腕を振るう料理人たちによる栄養満点の1000円ランチ弁当。
4月27日に始まった取り組みで、今現在「大江戸」「いけ増」「たいめいけん」「伊勢重」など19店が登録されています。

登録店舗が一丸となった活動で、輪番制で、1日に3店がそれぞれ50食ずつをこしらえ、計150食を都内の総合病院に配送しています。

スポンサーリンク

弁当配送のきっかけ

非常事態宣言以降、各飲食店はテイクアウトの弁当を開発していました。そんなとき昼間に日本橋を歩いていた病院関係者から「治療に当たる仲間に食べさせたい」と、注文が寄せられたことがきっかけとなりました。

日本橋には、1959年(昭34)4月に発足といいますからかなり古くからある「三四四(みよし)会」という旦那衆の会があります。そんな地元で団結して活動している会の働きかけで、医療従事者の切実な要望を受けて各店が動き、弁当提供を担当する19店はすぐに決定しました。

3店分の150食をまとめて病院に届けるシフトも、すぐ整えたそうです。

今後の弁当配送の予定

大型連休明けの8日と11日に担当するのは、創業82年の和食「ゆかり」。三代目で、02年に「料理の鉄人」の特別番組で総合優勝した野永喜三夫店主(48)が腕を振るいます。提供を予定するのは豚丼で、築地場外の精肉店「近江屋牛肉店」が原価で材料提供するということです。

使われる豚肉は「トウキョウX(エックス)」。東京産の最高級畜産豚。近江屋の寺出昌弘社長(56)は「素材の築地の威信にかけて協力する。医療関係者に元気になっていただきたい」と、話しています。

活動は連休明けの7日に再開する。当初、11日までの予定でしたが、緊急事態宣言の新たな延長期限が正式に決まり、今後の対応を協議するということです。

トウキョウX

東京の地域特産豚肉の開発を目指して「トウキョウX」は生まれた豚です。
北京黒豚、バークシャー、デュロックの3品種の良いところを取り込んで改良し、きめが細かく柔らかい肉質が特徴です。

出典:日刊スポーツ

タイトルとURLをコピーしました