VIO脱毛ってやっぱり痛いの?

スポンサーリンク
VIO脱毛ってやっぱり痛いの? VIO脱毛
スポンサーリンク

「VIO脱毛は痛い」との口コミは数多く見かけるのではないでしょうか。

デリケート部分の脱毛を考えている人にとっては見過ごせない意見ですよね。

もちろん他の部位での脱毛でも無痛というわけではないのですが、VIOに関しては痛みの口コミが多いけど実際のところどうなのかを知っておくと安心できるでしょう。

 

スポンサーリンク

VIO脱毛は痛い?

脱毛できる部位の中でも、VIO脱毛はとくに痛みを感じやすいというのは間違いありません。
もちろん、痛みの度合いや感じ方というのは人それぞれ違ってはきます。

・・・が、中には「もう施術を止めて欲しい」と思うぐらい痛みを感じる人もいることも事実です。

その反対に、脇や腕毛といったように他の部位の脱毛と対して痛みに違いを感じない人もいるんですね。

 

どうして痛いのか

どうしてVIO脱毛は、他の部位に比べて痛みを感じやすいのか。

光脱毛や医療脱毛で使用されるレーザーはメラニン色素に反応し、毛根を刺激しダメージを与えます。

レーザーが反応するメラニン色素が多い

体の中でも、毛が太く濃いのが陰毛の特徴です。

毛の色素が濃いということはそれだけメラニン色素の量も豊富であるということが言えますよね。

つまり、レーザーが反応するメラニン色素が多くそれだけ光が反応してしまうため痛みを感じやすいということです。

 

Iラインは特に痛い

また、 VIO部分は皮膚が薄い部位であることも痛みを感じやすい理由になっています。

とくに、Iラインに関しては VラインやOラインに比べても痛みを感じやすい場所であることを知っておくといいかもしれません。

Iラインは特に痛い

 

皮膚に常にダメージが与えられている

デリケートゾーンは、下着との摩擦の影響を受けやすいこともあり摩擦の影響で皮膚に常にダメージが与えられている状態です。

もともと、敏感な場所にも関わらず摩擦での刺激を受けている部位に光を照射していることも痛みを感じやすい理由につながっているでしょう。

 

VIO脱毛は痛い?

 

 

VIO脱毛、光脱毛よりも医療脱毛のほうが痛みが強い?

脱毛サロンでは光脱毛、医療クリニックでは医療脱毛と呼ばれるように同じ脱毛でも施術するところによって使用する脱毛機が異なります。
それぞれでレーザーの照射する出力の差があります。

医療脱毛のメリット

医療脱毛のメリットは、レーザーのパワーが強いこともあり 一回一回の脱毛効果が高く、脱毛完了までの日数が短くてすみます。

脱毛サロンのメリット

その反対に、光脱毛を施術してくれる脱毛サロンでは照射されるレーザーの出力というのが低いんですね。

そのため一回一回の脱毛効果は医療脱毛と比べれば弱く、脱毛完了まで長い日数がかかるのですが、パワーが弱いだけに肌に与えるダメージも少なくてすむんです。
 

【参考サイト】
地域別永久脱毛・サロン脱毛比較

 

痛みは耐えられない人は医療脱毛が多い

「VIO脱毛の痛みは耐えられない」という口コミの多くは、光脱毛ではなく医療脱毛を行っている方の感想が多い傾向にあります。

VIO脱毛、光脱毛よりも医療脱毛のほうが痛みが強い?

 

 VIO脱毛の回数を重ねるごとに痛みは減る?

施術回数を重ねるごとに、少しずつデリケートゾーン全体の毛の成長を止めていきます。

毛周期に合わせて毛根へダメージを与えていきますので、脱毛当初に比べて日が経つにつれ毛は薄くなっていきますし毛量も少なくなっていきます。

つまり、レーザーが反応するメラニン色素というものがどんどんなくなっていくわけなんですね。

初期に受けたVIO脱毛の痛みに比べ て3回目、4回目と回数を重ねるごとに痛みが減っていく傾向にあることも知っておくと安心ではないでしょうか。

 

 VIO脱毛は痛みを感じやすい生理時期は避ける

女性の場合は生理という周期がありますよね。
生理中または前後は、女性ホルモンの分泌が安定せずお肌が敏感になりやすい時期です。

 

生理前後は刺激に弱い

VIOラインはもともとデリケートであるがために、生理前後は通常よりも外的刺激の影響を感じやすいということが考えられます。

 

スケジュール調整を見直す

その影響もあり、生理前後に脱毛の施術をするということは痛みを感じやすいということになりますので、うまくスケジュール調整を行うことは痛みの軽減に繋がるといえるでしょう。

 VIO脱毛は痛みを感じやすい生理時期は避ける

 

痛くないVIO脱毛方法

「絶対に痛みを感じたくない」 「でもVIO脱毛はしたい」という人は多いと思います。

ハイパースキン法

もしそのような考えがあるのであれば、ハイパースキン法と呼ばれる施術を行っているサロンを選ぶというのは賢い方法だと言えるでしょう。

脱毛レーザーを当てているということは、毛根にダメージを与え成長止めるほどの高熱を照射しているので痛みを感じやすいのは当然です。

しかし、ハイパースキン法と呼ばれる施術方法であればレーザーの照射の際に高熱を出す必要がありません。

バジル領域に熱を与える新しい施術方法

毛根部分に熱を与えるのではなく、バジル領域(毛の成長に必要になる細胞を作る場所)に熱を与える新しい施術方法になります。

このバジル領域に、光脱毛や医療脱毛で使われる光に比べて低い熱を与え蓄積させます。
低温の熱を繰り返しバジル領域に照射することで毛の成長を止める仕組みになっています。

バジル領域の活動を止める

毛のもとのもとになるバジル領域の活動を止めるということは結果、脱毛に繋がります。

バジル領域は毛根に比べ皮膚に近い部分にあるため、通常のレザーよりも出力のパワーを抑えても脱毛効果が得られるだけではなく、もともと低い温度設定で照射していることもありVIO脱毛であっても痛みを感じにくいという大きなメリットがあるんですね。

だたしハイパースキン法を取り入れているサロンはまだ少ない

まだ最新脱毛法であることから、ハイパースキン法を取り入れているサロンは少ないですが痛みを最小限に抑えてのVIO脱毛を検討しているなら頭に入れておきましょう。

痛くないVIO脱毛方法

 

VIO脱毛 まとめ

VIO脱毛は、他の部位に比べて痛みを感じやすいというのは事実です。

陰毛の量や濃さでは一概にはいえない問題であるとはいえ、他の部位に比べると痛みを覚悟しておくほうがいいでしょう。

体調、生理周期に合わせての脱毛スケジュールの調整など、VIO脱毛の際に感じる痛みを軽減させる方法はいくつか考えることができます。

出力の強いレーザーを使用する医療脱毛は避けることや、ハイパースキン法のように低温でお肌への負担が少ない脱毛施術を受けることも視野に入れておくといいですね。

VIO脱毛での痛みに不安をどうしても感じてしまうのである人は、サロン選びは重要になってくるでしょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました