日本橋「東日本大震災の記憶と復興」展

東京メトロ三越前駅 改札を出た連絡通路で「東日本大震災の記憶と復興」展が開催されています。

東日本大震災は、記憶からなくなることはないと思いますが、風化されてはいけません。

津波被災の前後の写真を見ると改めて津波の大きさを実感します。

◆展示内容:
○南三陸町、女川町、気仙沼市などの津波被災前・後写真
○陸域観測技術衛星『だいち』による陸前高田市~大船渡市などの津波浸水状況の衛星画像(床敷タイプ)全長約10m
○東日本大震災の被災物(道路標識、時計、他)
○東日本大震災時の復旧活動のパネル
○被害想定や地震・津波対策など首都直下地震に関するパネル
 

日本橋「東日本大震災の記憶と復興」展

日本橋「東日本大震災の記憶と復興」展

 

日本橋「東日本大震災の記憶と復興」展

日本橋「東日本大震災の記憶と復興」展

 

日本橋「東日本大震災の記憶と復興」展

日本橋「東日本大震災の記憶と復興」展

 
日本橋「東日本大震災の記憶と復興」展
期間:平成24年10月2日(火)~11月30日(金)、終日展示
場所:東京都中央区日本橋室町 国道4号地下歩道
    (東京メトロ三越前駅付近連絡通路、三越本店新館地下入口付近)

▲ページトップに戻る