江戸料理を堪能(櫻田)





日本橋の話ではないですが、江戸料理のお話。

先日、浅草の櫻田さんの江戸料理を堪能してきました。



 店内は京都三条富小路から移築したという落ち着いた雰囲気。
各テーブルに囲炉裏があり、好きな串を自分で焼いて食べるという、ちょっと面白い、アミューズメント的な面も持ち合わせているお店。

まずは、食前酒。
江戸時代のお酒(日本酒)は今より、度数が低いとのこと。
日本酒の香りを残しつつ、度数が低い分飲みやすい感じ。

金魚が入っても、普通に泳いでいられるということから、金魚酒と呼ばれてもいるとか・・・。



江戸の玉子焼き(しっかりした甘さが特徴)、鴨ねぎ(鴨の醤油煮)、ハマグリ田楽。

お刺身は、鯛の昆布〆。
煎り酒でいただきました。
 


揚げ出し大根


海老の煎りだし 


炭焼きは、大ぶりのジューシーな椎茸。

金目鯛のひもの。

お肉は、鹿肉。
さっと炙り頂きました。生臭さはなく、赤身独特の鉄分感が生肉好きにはたまりません。




鍋はねぎま鍋


お食事は、山吹めし。
うらごしした玉子のお茶漬けとでもいいましょうか。
優しい味付けでサラっといっちゃいました。

 


【江戸料理にこだわりたい】ということで店主が自ら文献をひも解き、レシピを作り上げたという江戸料理。

また、食材に関しても、基本的には江戸にあった食材に極限こだわりたいということで、トマトやエリンギ、牛肉は使わず、逆に、イノシシやシカなどを新たに仕入れ、野菜に関しては、当時、農薬自体ありませんでした。しかしながら、全て完全無農薬の野菜を仕入れるのは難しいということで、減農薬の野菜にこだわるという徹底ぶり。
 

浅草には来年、スカイツリーもできますし、当たらなスポットになるかもしれませんね。

 
炭やき 櫻田
東京都台東区雷門1-15-12永谷マンション1F
(03)3845-3995
[googlemap lat=”35.711066″ lng=”139.793297″ align=”undefined” width=”700px” height=”300px” zoom=”15″ type=”G_NORMAL_MAP”]炭やき櫻田[/googlemap]
江戸料理 櫻田

 


『日本橋ピックアップイベント・行事』

 

 

日本橋
日本橋七福神めぐり(パワースポットめぐり)

日本橋七福神は、小舟町・小網町・人形町・掘留町などの八つのすべて神社に祀られています。

日本橋グルメ・ランチ
日本橋散策・七福神めぐり・水天宮戌の日
日本橋ホテル予約

日本橋在住の管理人が紹介する日本橋、人形町情報
運営情報
Copyright(c) 日本橋の人All Rights Reserved.