ラファエル前派の軌跡展

美術批評家ジョン・ラスキンの生誕200年記念展覧会、開催。ラスキンが見出した前衛芸術家の作品が一堂に。

1848年結成の英国の前衛芸術家集団「ラファエル前派同盟」の作品に、大きな芸術的意義を見出したのがジョン・ラスキンでした。

それ以前に、画家ターナーの先駆的な表現に正当な評価を与え、いち早く作品を買い求めコレクションを形成するのみならず、この画家を擁護するために論評を発表しました。ターナーの作品に見た芸術的意義を、「ラファエル前派同盟」の作品にも見出したのです。

ラスキンは、あらゆる人々にかかわる芸術の必要性を説く一方で、この前衛芸術家集団と他の同時期の芸術家作品を関連づけて考察。その思想は広く社会に受け入れられ、その後の英国の美術や歴史に大きな影響を残すことになりました。

本展覧会では、ラスキンにゆかりの深いラファエル前派を初めとする作品が一堂に会します。英米の美術館所蔵の絵画からデッサン、ステンドグラスやタペストリ、家具など約150点が三菱一号館美術館に登場。これらの作品を通じてその功績をたどり、当時のゆたかな成果を鑑賞し堪能することができます。

ラファエル前派の軌跡展

 

ラファエル前派の軌跡展

 

ラファエル前派の軌跡展

 

開催期間 2019/03/14(木) ~ 2019/06/09(日)
最寄り駅 二重橋前〈丸の内〉駅(徒歩3分) / 有楽町駅(徒歩6分) / 東京駅(徒歩5分) / 日比谷駅(徒歩3分)
会場 三菱一号館美術館
時間 開始:10:00
終了:18:00
備考:祝日を除く金曜、第2水曜、6月3日~7日は10:00~21:00
※入館はいずれも閉館の30分前まで
料金・費用 一般 1,700円、大学生・高校生 1,000円、小・中学生 500円
前売券 一般のみ1,500円
※ペア券(一般のみ、大学生以下設定なし)は、チケットぴあでのみ販売
お問い合わせ ハローダイヤル
電話番号:03-5777-8600

続きを読む

腸内環境悪化による病気や症状

腸内環境とは

腸内環境とは、人間の体内にある腸の状態のことです。

腸の中に棲んでいる腸内細菌のバランスによって良い・悪いが決まるのが特徴です。
腸内細菌は約1000種類もいるとされており、その数は1000兆個以上とも言われています。

腸内細菌には善玉菌と悪玉菌がいて、更に普段は悪さをすることはありませんが、悪玉菌が優勢になるとそちらについて悪い働きをする日和見菌という種類の菌も存在していることがわかっています。

【参考サイト】
ポッコリも冷え性も花粉症もぜ~んぶ「腸内環境」がカギ
腸内環境改善公式サイトはこちら

腸内環境が悪化すると

腸内環境が悪化すると悪玉菌が善玉菌よりも多くなります。

腸内環境は良い状態に保たれている時は善玉菌が悪玉菌の増加が起こらないように抑えていますが、バランスの悪い食事やストレス過多、加齢などによって腸内環境が悪化すると悪玉菌が優勢になり、様々な症状が起こったり病気を引き起こす原因になります。

腸内環境が悪化 便秘

便秘

便秘は腸内環境の悪化によって起こりやすい症状です。

便秘は一般的に3日以上排便していない状態を指すと思われていますが、1日1回ほど排便していても量が少なくてお腹がすっきりしない状態の人も便秘です。

腸内環境が悪くなると善玉菌が劣勢になりますが、善玉菌は消化吸収を助けたり腸の運動を活発にする働きをしているので、その働きが弱まることによって便通が滞り便秘が起こってしまうのです。

吹き出物

吹き出物も起こりやすい症状だと言えます。腸内環境が悪化して便秘になると、腸内に溜まった便から悪玉菌が発生し、更に腸内環境を悪くします。

悪玉菌は細菌毒素などの有害物質を作りますが、それらの有害物質が血液中に入って全身をめぐるとニキビなどの吹き出物が出る原因にもなります。

腸内環境悪化 吹き出物

 

 

肌荒れ

肌荒れは腸内環境の悪化によって起こりやすいですが、これは腸内環境が肌の状態と深く関係しているからです。

腸内環境が悪くなり腸の中に排出しきれていない便が残っていたり、悪玉菌が多いと腸内に有害物質が産生され、腸壁から体内に吸収されて血液によって運ばれ、その毒素で全身の肌にも悪影響を及ぼします。

また、腸内環境の悪化に伴って便秘になると自律神経の働きがにぶくなり血行が悪化するとも言われています。

血行が悪くなると肌を新しくするターンオーバーの働きも弱まるため、肌荒れがなかなか治らないといった症状が出てくるのです。

太りやすい

太りやすい身体になることも、腸内環境が悪くなった影響として起こります。

それは、便秘が引き起こされて体内に有害物質が多くなり、血液中をめぐるようになると身体がその有害物質を排除することに力を注いでしまい、エネルギーの代謝能力が落ちるからという理由があります。

ダイエットをしたい人の中には、食べる量を減らすことで痩せようとする人がいますが、その場合、腸内の善玉菌を増やすのに役立つ食物繊維の量が足りなくなってしまい、便秘がちになりエネルギー代謝が低下して、結果として太りやすい体質になってしまうという失敗もあるようです。

腸内環境 太りやすい ダイエット

うつ病

うつ病は、腸内環境の悪化が要因で引き起こされることがあると考えられます。
それは、腸は第二の脳と呼ばれており、脳と深い関わりを持っているからです。

腸には腸管免疫が備わっており、腸内環境が悪化すると病原菌やウイルスへの抵抗力が落ちてしまうという問題があります。

腸内環境が悪い状態が続き、風邪やインフルエンザをはじめとした様々な病気にかかりやすくなります。

また、腸内で発生した有害物質が体内をめぐり自律神経の働きも落ちていれば、日常生活を送る中で精神的に負担が増えることは避けられませんから、うつ病を発症する要因にもなりえます。

このように、腸内環境が悪化すると様々な不快な症状が私たちの身体に起こることになりますし、悪玉菌の発生させる有害物質によって危険な病にかかる危険性も出てくるため、生活習慣に注意して腸内環境を整えるようにしましょう。

続きを読む

日本橋 桜フェスティバル 2019~つながり、広がる日本橋・八重洲・京橋~

日本橋は「江戸桜通り」や「日本橋さくら通り」など 桜の名所が存在し、桜を愛でながら、食を楽しむ文化が花開いた街。 歴史的要素と現代的要素が融合する日本橋ならではのお花見。

世界最大級のアートフェスティバル「バーニングマン」で話題になったデジタルアートが、高さ8mの桜の木バージョンで日本初上陸。葉の1枚1枚に仕込まれている約10万球のLEDが、音や風に反応してインタラクティブでフォトジェニックな幻想的な空間を生み出します。

日本橋 桜フェスティバル 2019~つながり、広がる日本橋・八重洲・京橋~

LED10万球による桜オブジェ、16mの桜デジタルアートなどお花見新名所や、限定桜メニューが日本橋に集結!

様々な形で桜を体感できるイベント『日本橋 桜フェスティバル 2019~つながり、広がる日本橋・八重洲・京橋~』が、3月15日(金)から4月7日(日)まで日本橋地域で開催されます。

今回は“さあ、ご一緒に。”をテーマに、デジタルアートや桜をテーマにした食のイベントなど参加型のコンテンツを多数実施。

日本橋 桜フェスティバル 2019~つながり、広がる日本橋・八重洲・京橋~

高さ8mに及ぶデジタルアート作品『The Tree of Light -灯桜(ともしざくら)-』では、10万球のLEDが音・風・人に反応。

これまでに見たことのないインタラクティブでフォトジェニックな桜演出を実現します。

また、人の動きに呼応し16mの桜の絨毯が出現するインタラクティブ作品『サクラカーペット』は、約100個の桜提灯とともに、通り一帯がインスタレーションとライトアップで桜色に染まる、幻想的な参道となっています。

そのほかにも、日本橋・八重洲・京橋エリアの約190店舗の桜メニューが味わえる『日本橋桜メニューウォーク』から、日本橋の老舗やホテル、商業施設などのオリジナル屋台メニューが登場する『ニホンバシ桜屋台』まで内容盛りだくさん。

桜にちなんだイベントを様々な形で楽しむことができます。

【夜桜ライトアップ】
あり

日本橋 桜フェスティバル 2019~つながり、広がる日本橋・八重洲・京橋~

開催期間 2019/03/15(金)~2019/04/07(日) ※各イベントにより異なる
最寄り駅 三越前駅 / 新日本橋駅
お問い合わせ 日本橋案内所
電話番号:03-3242-0010
備考:10:00~21:00
主催 日本橋桜フェスティバル実行委員会

続きを読む

▲ページトップに戻る