日本橋 高島屋

スポンサーリンク
日本橋 高島屋,日本橋タカシマヤ

日本橋 高島屋:現代九谷焼展

伝統的な古九谷風の作品から現代感覚に富んだ現代の作家10余名による九谷焼30余点を紹介いたします。
日本橋 高島屋,日本橋タカシマヤ

日本橋 高島屋:羽子板・破魔弓 陳列即売会

美しく、健やかに、女児の初春を祝う、羽子板。 逞しく、真直ぐに、男児の成長を願う、破魔弓。 厄除けの意味もある羽子板・破魔弓を多彩に取り揃えました。 ●羽子板の由来: 古くから女児の遊びとされる羽根突きは、「疫病除け」の行事に由来します。...
日本橋 高島屋,日本橋タカシマヤ

日本橋 高島屋:植田 一穂展〈日本画〉

植田一穂先生は1961年広島県に生まれ、1987年東京藝術大学大学院美術研究科日本画を修了されました。 現在、東京藝術大学准教授として後進の指導にあたりながら創画会会員としてもご活躍中です。 日本画の素材を活かすことを考えながら、裏彩色とい...
スポンサーリンク
日本橋 高島屋,日本橋タカシマヤ

日本橋 高島屋:みちのく岩手の味紀行

毎年この時期に開催している「みちのく岩手の味紀行」。 海産物をはじめとした岩手の様々な品をお届けいたします。 は人気の小形牧場牛に加えて、地1階催会場では初めて小形牧場牛のお弁当の販売もいたします。 【出品ブランド】 白金豚餃子《実演販売...
日本橋 高島屋,日本橋タカシマヤ

日本橋 高島屋:現代九谷焼展

伝統的な古九谷風の作品から現代感覚に富んだ現代の作家10余名による九谷焼30余点を紹介いたします。
日本橋 高島屋,日本橋タカシマヤ

日本橋 高島屋:加賀赤絵展

知られざる九谷焼の赤絵、「加賀赤絵」――。 中国との交易を通して日本にもたらされた陶磁器の名品は、大名や大商人、茶人たちに大きな憧れをもって受け入れられました。特に、華やかな赤絵は人々の心を魅了し、茶の湯や食文化の円熟とともにわが国独自の発...
日本橋 高島屋,日本橋タカシマヤ

日本橋 高島屋:小灘 一紀展〈洋画〉

1944年鳥取県に生まれた小灘一紀先生は、1967年金沢美術工芸大学彫刻科を卒業され、現在、日展評議員としてもご活躍されています。 戦後の芸術は欧米流の美術運動に沿って新様式を求め色々な画風が流行した中で、一環して古典絵画を研究し、人間をモ...
日本橋 高島屋,日本橋タカシマヤ

日本橋 高島屋:川端 健太郎展

1976年埼玉県に生まれ、2000年多治見市陶磁器意匠研究所を修了された川端健太郎先生は今回が髙島屋での初個展となります。へたり、動き、切れる手強い性質の磁土に自身の造形感覚を寄り添わせ、手びねりで作品を制作され、辰砂釉や色ガラスの破片の装...
日本橋 高島屋,日本橋タカシマヤ

日本橋 高島屋:創作人形五人展

日本工芸会で活躍される5名の先生方による創作人形展を開催いたします。伝統と革新が調和した、それぞれの優美な人形が醸し出す詩情や情緒溢れる作品約30点を展観いたします。 出品者:青野洋、岩瀬なほみ、清水己明、玉置光子、藤嶋叡子
日本橋 高島屋,日本橋タカシマヤ

日本橋 高島屋:深井 隆展

1951年高崎に生まれ、1978年東京藝術大学美術学部彫刻専攻科を修了された深井隆先生は、1989年平櫛田中賞を受賞、2002年タカシマヤ美術賞受賞など彫刻界だけでなく美術界からも高い評価を得られています。現在は東京藝術大学教授として後進の...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました