健康

腸内環境悪化による病気や症状

腸内環境とは

腸内環境とは、人間の体内にある腸の状態のことです。

腸の中に棲んでいる腸内細菌のバランスによって良い・悪いが決まるのが特徴です。
腸内細菌は約1000種類もいるとされており、その数は1000兆個以上とも言われています。

腸内細菌には善玉菌と悪玉菌がいて、更に普段は悪さをすることはありませんが、悪玉菌が優勢になるとそちらについて悪い働きをする日和見菌という種類の菌も存在していることがわかっています。

【参考サイト】
ポッコリも冷え性も花粉症もぜ~んぶ「腸内環境」がカギ
腸内環境改善公式サイトはこちら

腸内環境が悪化すると

腸内環境が悪化すると悪玉菌が善玉菌よりも多くなります。

腸内環境は良い状態に保たれている時は善玉菌が悪玉菌の増加が起こらないように抑えていますが、バランスの悪い食事やストレス過多、加齢などによって腸内環境が悪化すると悪玉菌が優勢になり、様々な症状が起こったり病気を引き起こす原因になります。

腸内環境が悪化 便秘

便秘

便秘は腸内環境の悪化によって起こりやすい症状です。

便秘は一般的に3日以上排便していない状態を指すと思われていますが、1日1回ほど排便していても量が少なくてお腹がすっきりしない状態の人も便秘です。

腸内環境が悪くなると善玉菌が劣勢になりますが、善玉菌は消化吸収を助けたり腸の運動を活発にする働きをしているので、その働きが弱まることによって便通が滞り便秘が起こってしまうのです。

吹き出物

吹き出物も起こりやすい症状だと言えます。腸内環境が悪化して便秘になると、腸内に溜まった便から悪玉菌が発生し、更に腸内環境を悪くします。

悪玉菌は細菌毒素などの有害物質を作りますが、それらの有害物質が血液中に入って全身をめぐるとニキビなどの吹き出物が出る原因にもなります。

腸内環境悪化 吹き出物

 

 

肌荒れ

肌荒れは腸内環境の悪化によって起こりやすいですが、これは腸内環境が肌の状態と深く関係しているからです。

腸内環境が悪くなり腸の中に排出しきれていない便が残っていたり、悪玉菌が多いと腸内に有害物質が産生され、腸壁から体内に吸収されて血液によって運ばれ、その毒素で全身の肌にも悪影響を及ぼします。

また、腸内環境の悪化に伴って便秘になると自律神経の働きがにぶくなり血行が悪化するとも言われています。

血行が悪くなると肌を新しくするターンオーバーの働きも弱まるため、肌荒れがなかなか治らないといった症状が出てくるのです。

太りやすい

太りやすい身体になることも、腸内環境が悪くなった影響として起こります。

それは、便秘が引き起こされて体内に有害物質が多くなり、血液中をめぐるようになると身体がその有害物質を排除することに力を注いでしまい、エネルギーの代謝能力が落ちるからという理由があります。

ダイエットをしたい人の中には、食べる量を減らすことで痩せようとする人がいますが、その場合、腸内の善玉菌を増やすのに役立つ食物繊維の量が足りなくなってしまい、便秘がちになりエネルギー代謝が低下して、結果として太りやすい体質になってしまうという失敗もあるようです。

腸内環境 太りやすい ダイエット

うつ病

うつ病は、腸内環境の悪化が要因で引き起こされることがあると考えられます。
それは、腸は第二の脳と呼ばれており、脳と深い関わりを持っているからです。

腸には腸管免疫が備わっており、腸内環境が悪化すると病原菌やウイルスへの抵抗力が落ちてしまうという問題があります。

腸内環境が悪い状態が続き、風邪やインフルエンザをはじめとした様々な病気にかかりやすくなります。

また、腸内で発生した有害物質が体内をめぐり自律神経の働きも落ちていれば、日常生活を送る中で精神的に負担が増えることは避けられませんから、うつ病を発症する要因にもなりえます。

このように、腸内環境が悪化すると様々な不快な症状が私たちの身体に起こることになりますし、悪玉菌の発生させる有害物質によって危険な病にかかる危険性も出てくるため、生活習慣に注意して腸内環境を整えるようにしましょう。

続きを読む

しじみとオルニチン:しじみで得られる美容効果

「しじみ」について

小さな二枚貝でマルスダレガイ目シジミ科に所属をしていますが、マシジミやセタシジミなどいくつもの種類があります。

日本人にとってはお味噌汁の具材で昔から愛されてきた食材であり、古くから3種類が日本でも生息をしていて、それがセタシジミマシジミ、それにヤマトシジミです。

黒い見た目を連想しますが、泥底にいると黒っぽいものの、砂底にいると明るい色であり、マシジミには色に明るさがあります。

全国的に見た際の漁獲量としては、青森県がトップでついて鳥取県に栃木県、そして北海道に三重県です。

 

しじみに含まれている「オルニチン」

生命維持に大切な働きをする肝臓において、大活躍のアミノ酸がオルニチンです。

適量が常に体内に存在をすることで健やかな肝臓の活動を維持することになりますし、疲労回復をサポートする力にも恵まれています。

人間の身体には元来オルニチンは備わっており、遊離アミノ酸と言われる一つです。

体内では血液の中に溶けていて、体中を流れてはアンモニアなどの有害な物質の解毒をしたりする役割があります。

アンモニア代謝経路の、オルニチンサイクルの尿素回路で活躍をして、アンモニアの毒を分解させていますしエネルギー産生にも力になる存在です。

しじみとオルニチン:しじみで得られる美容効果

 

しじみで得られる美容予防

小ぶりの貝殻が特徴のしじみには、内に秘められた美容効果と健康パワーが秘められています。

サプリメントでも採用されることが多くなってきましたが、飲酒時だけではなく美容の味方にもなる優れた存在です。

 

美肌について

豊富なオルニチン成分にも恵まれた食材であり、摂取をすることで細胞を元気に活発化させることにつながります。

体内では滞りがちな新陳代謝が活性化をするので、肌も美しくなる仕組みです。
皮膚の代謝の低下は、くすみやごわつきの要因とな値ため、美肌を目指す際に正常なターンオーバーは欠かせません。

基礎化粧品やエステでのケアも良いですが、内側からの美容に良い成分でアプローチをすることも必要です。

しじみで得られる美容予防

 

薄毛予防

実はしじみに含有をするオルニチンには、抜け毛要望や薄毛予防にも役立つ働きがあります。

健やかな毛髪を発育させていくするためにも、成長ホルモンは必要であり、その分泌を助けるのもオルニチンの得意とするところです。

年齢とともに減少をするホルモン分泌ですが、深夜の就寝時に出てくるものであり、毛髪のみではなく皮膚や全身の細胞に関わります。

ポリアミン成分との合成がされるのも、オルニチン摂取時の特徴です。
毛母細胞の活性化や髪の毛を太くするためにも必要であり、細胞分裂を促すのもオルニチンの役割になります。

薄毛予防

 

ダイエット効果

美味しく食べることのできるシジミは、多くの人が望む健康的な減量時にも貢献をする存在です。

痩せる際には脂肪燃焼をするためにも、筋肉はある程度無ければ健康的な痩せ方にはなりません。
有酸素運動のウォーキングやエクササイズをしても、筋肉がないと脂肪が燃えないのでなかなか痩せないです。

でもしじみにはオルニチンが豊富であり、これが就寝時の成長ホルモンの分泌を促進させてくれます。
イコールで筋力向上にもつながるため、筋肉を適度に付けることができることから、健康的なダイエットをすることが可能です。

ダイエット効果

代謝アップ

身体の代謝エネルギーを増やす成分も、惜しみなく含むのがシジミです。
代謝エネルギーをこれまでよりも増加させることができますので、脂肪の燃焼効率が良くなります。

新陳代謝の良い巡りの順調な身体になることで、太りにくくて痩せやすい理想の体質へと近づくことも夢ではありません。
代謝エネルギーと血液の流れの良さも密接にかかわりますので、全身の血流が良くなり体温も上がるので健康を維持しやすいです。

 

続きを読む

日本人の魚離れが生活習慣病の増加に関係?

日本人は元々魚を多く食する慣習があったため、健康的で長寿を誇る人たちが大勢いました。

しかし近年は食生活の欧米化から日本人の魚離れが加速しており、生活習慣病と呼ばれる動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの重篤な病気を患う人たちが増えています。

日本人を生活習慣病から守るために効果的なのはDHAサプリメントの利用です。

さくらの森

DHAサプリメントには魚に多く含まれているDHAが配合されているため、魚を食べる習慣があまり無い人でも効果的に栄養素を摂取することが出来るのです。

DHAサプリ

DHAサプリメントにはDHAだけでなく、EPAやビタミンE、セサミンといった他の優れた栄養素が配合されているケースが多いため、生活習慣病の予防や改善だけでなく、美容やアンチエイジングにも大いに役立てることが可能です。

きなり

日本人といえど魚が苦手な人は少なくなく、特にDHAを多く含むイワシやサバなどが苦手な人は大勢います。

食事からの栄養補給が難しい場合には手軽に利用出来るサプリメントを日常生活に取り入れてみると良いでしょう。

健康食品・スキンケア通販サイト《さくらの森》で人気のDHAサプリ
DHAサプリ”きなり”の購入はこちら

続きを読む

通信販売でも大人気のタマゴサミン

高齢化社会と言われる日本では、男女を問わず、年齢による様々な体の悩みを抱えている個人がいます。

お婆さんの体の恐怖で多いのが、関節痛です。

膝や腰、股関節など、体の関節に痛みがある個人が増えています。

関節に痛みがあったり、腫れたり講じる身なりがあるって、外出するのも億劫になり、その結果、エクササイズ欠損になってしまうお婆さんも少なくありません。

関節痛の原因で、最高多いと言われているのが崩れ性関節症です。

崩れ性関節症は、骨って骨の間でバッファの能力を担っている軟骨が、すり減ってしまい、変形してしまう身なりです。

出だし身なりでは、エクササイズやウォーキングの後などに痛みをもらい、身なりが悪化すると、少し動いただけでも痛みが出るようになります。

関節痛の進化のために、様々なサプリを摂取しているという個人は少なくありません。

最近では、タマゴサミンというサプリが人気を集めています。

タマゴサミンは、通販で購入できるサプリで、判定材料のiHAに加え、濃縮グルコサミンなど、軟骨の関わりをサポートする材料が豊富に含まれています。

通販で購入できるので、旅立ちできないお婆さんにも人気があります。

また、タマゴサミンは濃縮した材料によっているため、1日の容積は3粒だけでいいのです。

タマゴサミン
タマゴサミン@ラジオ通販でもおなじみタマゴサミンの購入はこちら
メディアで有名!タマゴサミンの口コミ

続きを読む

▲ページトップに戻る