WHITE KITTE こころ、つつむ、クリスマス。

スポンサーリンク
WHITE KITTE
スポンサーリンク

KITTEのクリスマスイベント「WHITE KITTE」
2021.11.24 wed – 2021.12.25 sat

スポンサーリンク

日本の伝統工芸・和紙でにっぽんのクリスマスを表現

冬を彩るWHITE KITTE。
これまで、日本の伝統工芸を用いたイルミネーションを展開してきました。
今年の主役は、日本が誇る「和紙」。
天井から美しい和紙の雪を吊り下げ、圧倒的な白の世界を演出します。
一緒に見上げて、一緒に感じて、同じ感動を共有すれば、溶けない雪に心が優しく包まれていく。
記憶に残る特別なひとときをお楽しみください。

今年の「WHITE KITTE」は、施設コンセプト「にっぽんらしさと、あたらしさを。」のもと、伝統工芸・和紙を用いて、にっぽんのクリスマスを表現。1階アトリウムでは、天井から降り注ぐ約1万2000枚の和紙でできた雪、ツリー、オブジェ、フォトスポットのすべてで「圧倒的な白い世界」を創出。

また、20分ごとの「KITTE 雪と光の演出プログラム」では、オリジナルソングに合わせ、多様なバリエーションのイルミネーションを演出。館内全体で体験できる雪の世界を楽しめる。

WHITE KITTE 見上げれば咲き誇る、和モダンな雪の華。

一歩足を踏み入れれば、そこはまばゆい銀世界。
日本の伝統文化を媒介に、人の心を優しく包むホワイトクリスマスを表現しました。天井から吊り下げられた和紙の雪はまさに圧巻。雪の形は、伝統文様の「雪華文」。五穀豊穣を意味するデザインに、明るい未来への祈りを込めました。
見て、聴いて、足で触れて・・・。心を豊かに刺激する、とっておきのおもてなしをお楽しみください。
イルミネーション点灯時間:7:00~23:00

WHITE KITTE 見上げれば咲き誇る、和モダンな雪の華。

WHITE KITTE こころ、つつむ、クリスマス。

インタラクティブステージ

ステージに上がると本物の雪を踏みしめたような音が鳴るアトラクション。ステージ自体も発光し、雪の世界を目と耳で体感することができます。 開催時間:11:00~21:00

ステージに上がると本物の雪を踏みしめたような音が鳴るアトラクション。ステージ自体も発光し、雪の世界を目と耳で体感することができます。
開催時間:11:00~21:00

フォトステージ

フォトステージ

ステージオブジェの間に入ると、スクリーンにシルエットがふわりと浮かび上がる仕掛け。自由なポーズで写真撮影をお楽しみください。
開催時間:11:00~21:00

WHITE KITTEについて

“切手”と“来て”という意味が込められたKITTEで、毎年好評のクリスマスイベント「WHITE KITTE」が開催されます。2021年は、施設コンセプト「にっぽんらしさと、あたらしさを。」のもと、伝統工芸である和紙を用いて、にっぽんのクリスマスが表現されます。1階アトリウムでは、天井から降り注ぐ約1万2000枚の和紙でできた雪の装飾や、ツリー、オブジェ、フォトスポットにより、圧倒的な白い世界が創出されます。「KITTE雪と光の演出プログラム」も行われ、20分ごとにオリジナルソングに合わせて、アトリウム全体が美しく輝きます。クリスマスソングごとに、さまざまなバリエーションのイルミネーションが繰り広げられ、何度来場しても楽しめる内容となっています。※内容は予告なく変更となる場合があります。

KITTE 雪と光の演出プログラム

アトリウム空間全体が20分ごとに、雪をイメージした3曲の異なるオリジナルサウンドに合わせて、美しく輝きます。
各曲ごとに、さまざまな心を温める演出をご用意しておりますので、何度お越しいただいてもお楽しみいただけます。
開催時間:
「WHITE KITTE」開催期間中の12:10~20:50
(各時20分おきに各回約3分間実施)
※開催時間は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

KITTE 概要

名称 WHITE KITTE(ホワイト キッテ)
所在地 〒100 – 7090 東京都千代田区丸の内2-7-2
開催期間 2021年11月24日~12月25日  【点灯時間】12:10~21:00(各時20分おきに「KITTE雪と光の演出プログラム」を実施/約3分間)
開催場所 東京都 JPタワー商業施設「KITTE」
交通アクセス 地下鉄丸の内線「東京駅」地下道直結、またはJR「東京駅」丸の内南口から徒歩1分
主催 日本郵便株式会社
料金 観覧無料
問合せ先 KITTEインフォメーションセンター 03-3216-2811 (10:00~19:00)
ホームページ https://marunouchi.jp-kitte.jp/shop/white_kitte2021/

<日本橋のおすすめスポット>

日比谷公園の「首賭けイチョウ」
ビジネス街に勤める人たちの憩いの場となっている日比谷公園は、明治36年(1903年)開園当時のままのデザインを維持した、S字形の園路のイチョウ並木が、見事な黄葉を見せてくれます。 なかでも設計者である本多静六博士が、現在の日比谷交差点...

日比谷公園の「首賭けイチョウ」

 

タイトルとURLをコピーしました