20代独身の生命保険:日本橋の生命保険会社

スポンサーリンク
生命保険 日本橋 生命保険
スポンサーリンク
スポンサーリンク

保障の手厚い生命保険に入っていませんか?

就職したときなどに、将来結婚して子どもができたときに備えて、と言われるがままに保障の手厚い生命保険に加入しませんでしたか?

生命保険の三つの保障

生命保険は、大きく分けて三つの保障があります。

まずは死亡保障、つまり自分が死んだときに支払われるものです。

次が医療保障、つまり自分の病気・怪我などのときに支払われるものです。

最後に老後・貯蓄目的の保険です。

この三つ全ての保障が手厚いということはすなわち、月々支払う保険料が高いことの裏返しでもあります。

若い独身の人の場合、その生命保険が保障が手厚いがゆえに生活を圧迫することがあります。

貯蓄型の生命保険に入っている場合には、まず解約時の返戻金を調べよう

現在、貯蓄目的の生命保険の場合には、掛け捨て型の生命保険と比べて月々の支払額が高額です。

しかし、途中で解約してしまうと、解約時の返戻金が満額戻ってくるわけではありません。

貯蓄型の生命保険に入っている場合は、解約時の返戻金が支払額に対してどれだけ戻るのかをまず調べましょう。

また、若い頃から生命保険に入っていれば、トータルでみたときに月々の支払額が少なく済む可能性もあります。

しかし、《もしも支出を見直そうと考えているならば、「今」必要な保険だけにするのも有効な手段》です。

日本橋 生命保険

若いうちから生命保険に加入する最大のメリットは「健康」

生命保険は誰もが加入できるわけではありません。謝絶と言って、保険の引受を断られることもあります。

  • 危険を伴う職業の場合
  • 極端な体型(痩せている・肥満である)の場合
  • 健康(現在の健康状態・過去の病歴・精神疾患)要因
  • モラル要因

など加入できないこともあります。

モラル要因は別にしても、職業は変更することもできるし、体型もある程度はコントロールできる人もいるでしょう。

しかし現在の病気や過去の病歴は取り戻すことができません。

現在の過去の病歴があって生命保険に入れたとしても

  • 「部位不担保」
  • 「保険料割増」

になってしまうことがあります。

若いうちから無理のない範囲で生命保険に加入しておけば、病気になった後から加入しておけばよかったのに、と後悔することはなくなります。

「独身」というよりも、扶養する人の有無で考えよう

法律婚をしていないが事実婚はしている場合もありますね。

シングルマザー・シングルファザーの数も上昇傾向にあります。

さらに、20代・30代でも甥や姪の面倒を見なければならない立場、幼い、もしくは障害のある兄弟姉妹を扶養する立場になったり、年老いた両親を扶養する立場になる場合もあります。

独身か否かよりもむしろ、扶養しなければならない人がいるかいないかを中心に考えましょう。

扶養しなければならない人がいる場合、自分の死後もその人が困窮しないように死亡保険も必要です。

扶養する人がいないならば、生きている間の自分のケアができるようにしよう

扶養する人がいない場合は、自分の死後は最低限葬祭費用が出れば十分ではないでしょうか。

ただし、自分の遺産になるべきものはあまりないけれど、葬祭を取り仕切ってくれる人に残したいという場合には、少し経済的な余裕が生まれたときに死亡保障も手厚いものに乗り換えましょう。

貯蓄目的の保険ですが、現在は利率も低く、90年代末まで売っていたような、利回りの非常に良い生命保険はありません。

また、貯蓄目的の生命保険は、掛け捨て型の生命保険と比べて月々の支払額が高額です。

月々の支出額を見直したいときには、新たに貯蓄型の生命保険に加入することはおすすめしません。

もしも今後経済的な余裕が生まれた場合に、iDeCoや積立NISAなども含めて検討されると良いのではないでしょうか。

扶養する人がいないならば、自分が生きている間の病気・怪我を保障する医療保障こそが必要と言えます。

確かに日本では高額医療費には公的な補助があります。また、障害が残った場合にも障害年金が期待できます。

ただし、入院しても個室ベッドにしたい場合(いわゆる差額ベッド代)や、食事代などは高額医療費の補助対象ではないので、入院時のQOLをできる限り満足できるものにしたい場合には、医療保障の手厚い生命保険を買いましょう。

家計を見直したい場合には、最低限のものにすると良いのではないでしょうか。

日本橋 生命保険会社

資料を持って、保険のプロに相談に行こう

各社様々な保険商品を用意しています。

住宅ローンがあればそれに伴って団体信用生命保険に加入しているのでそれを基礎に考えて、必要なものだけ別に加入することも可能ですね。正社員の場合は、福利厚生の一環として法人保険が使える可能性もあります。

給与明細、住宅ローンがあれば団体信用生命保険、福利厚生の一覧など、資料を持って保険のプロに相談しましょう。

保険の見直し 日本橋

日本橋にある保険会社

  • メットライフ生命保険株式会社 東京東支社
    〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-1-1
  • 大同生命保険株式会社 東京支社
    〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-7-1
  • FWD富士生命保険株式会社
    〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-2-5 日本橋本町二丁目ビル
  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 東京中央支店東京中央第一支社
    〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-6
  • アクサ生命保険株式会社 関東営業局
    〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町14-7 アクサ小伝馬町ビル7F
  • 日本地震再保険株式会社 本社
    〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-1
  • 富国生命保険相互会社 東京支社
    〒103-0027 東京都中央区日本橋2-3-4
  • 三井住友海上あいおい生命保険株式会社 東京第一生保支社
    〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-6 あいおいニッセイ同和損保八重洲ビル2F
  • 三井住友海上火災保険株式会社 東京南支店第一支社
    〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-6
タイトルとURLをコピーしました