美容

乳首の色が黒くなる理由

理想のピンクの綺麗な乳首に憧れている方は多いですが、色素沈着を起こして黒ずみが出来てしまっている方も少なくありません。

そこで乳首が黒くなってしまう様々な原因をきちんと把握して、適切に対処することでこれ以上黒くなってしまうのを防ぐことが出来るようになります。

 

乳首が黑くなる理由をきちんとチェック

女性の乳首や乳輪が黒ずんでしまう原因は、紫外線や外部刺激から皮膚を守るために体内で生成されるメラニン色素が装着することで起こります。

乳首は体の中でも非常にデリケートな部位でもあるので、アンダーヘアと同様に色素沈着が起こりやすくなる部位と言われているのです

 

乳首が黑くなる理由:紫外線が影響

乳首が色素沈着を起こしてしまう原因の一つとして挙げられるのが、紫外線によるダメージを受けてしまうことが影響しています。

服の下なのに紫外線?

胸は普段服の下に隠れていますし、水着などの露出が高い服装の場合も隠れている場合が多いので、直接紫外線のダメージを受けることはないのでは?と考える方も多いもの。

メラニン色素を生成するように脳が指示

ですが、実は紫外線は目から入り込み、細胞がダメージを受けてしまうので直接胸に紫外線があたることはなくても、肌を守るためにメラニン色素を生成するように脳が指示してしまうので、黒ずみが起こりやすくなってしまうのです。

 

乳首が黑くなる理由:紫外線が影響

 

乳首が黑くなる理由:摩擦による刺激

女性は毎日ブラジャーやブラトップなどの胸を保護する下着を身につけています。

胸と下着の摩擦

しかし胸と下着が擦れて摩擦を起こしてしまうと、メラニン色素が生成されてしまい黒ずみが発生する原因となるのです。

サイズの合っていないブラ

特に胸が小さな人はサイズの合わないブラを着用することが多く、サイズの合っていないブラを使用することで乳首が擦れてしまうので注意が必要です。

 

乳首が黑くなる理由:ホルモンバランスが影響

妊娠や出産後に乳首の黒ずみが気になるようになってきたという女性は多いようです。

妊婦は女性ホルモンが増える

これはエストロゲンやプロゲステロンといった2つの女性ホルモンの分泌が妊娠20週あたりから増加することが影響しています。

女性ホルモンはメラニン色素の色素細胞を刺激する

この女性ホルモンはメラニン色素の色素細胞を刺激する特徴を持っているため、ホルモン分泌が増えることで乳首の黒ずみが目立ちやすくなるのです。

乳首が黑くなる理由:ホルモンバランスが影響

 

乳首が黑くなる理由:加齢が原因

年齢を重ねてから乳首の黒ずみが気になるようになってきたと感じる方も多いです。

ターンオーバーが低下

これは加齢に伴い肌の新陳代謝が悪くなってしまうことで、古い皮膚細胞などは排出される働きである「ターンオーバー」が低下してしまうことが大きく影響しています。

メラニン色素が肌に蓄積

ターンオーバーが低下してしまうと、古い角質と一緒にメラニン色素が肌に蓄積されてることから、黒ずみが起こりやすくなってしまうのです。

 

 

乳首が黑くなる理由:乾燥が原因

肌の乾燥しやすい時期などは、きちんと保湿ケアを行わないと肌のコンディションが悪くなるように、バスト周辺も乾燥しやすくなる傾向にあります。

バストの保湿

しかし保湿ケアというと主に顔のお手入れなどを優先してしまい、バストの保湿は怠ってしまう方も少なくありません。
そうなると角質層が薄く乾燥しやすい乳首や乳輪の皮膚の潤いが不足してしまうので、下着による刺激を受けやすくなり通常よりメラニン生成が行われやすくなります。

普段からこまめに保湿ケア

特に加齢に伴い肌の乾燥が気になってきたという方は、普段からこまめに保湿ケアを行うようにしましょう。

ボディクリーム

最近では乳首などデリケートな部位でも使用することが出来るボディクリームなども販売されているので、使用感などを考慮して使用するようにしましょう。

普段からきちんと保湿ケアができていれば、色素沈着予防にもつながるので、普段から習慣化するようにすると乳首が黒ずんでしまうのを防ぐことが出来ます

乳首が黑くなる理由:乾燥が原因

続きを読む

VIO脱毛ってやっぱり痛いの?

「VIO脱毛は痛い」との口コミは数多く見かけるのではないでしょうか。

デリケート部分の脱毛を考えている人にとっては見過ごせない意見ですよね。

もちろん他の部位での脱毛でも無痛というわけではないのですが、VIOに関しては痛みの口コミが多いけど実際のところどうなのかを知っておくと安心できるでしょう。

 

VIO脱毛は痛い?

脱毛できる部位の中でも、VIO脱毛はとくに痛みを感じやすいというのは間違いありません。
もちろん、痛みの度合いや感じ方というのは人それぞれ違ってはきます。

・・・が、中には「もう施術を止めて欲しい」と思うぐらい痛みを感じる人もいることも事実です。

その反対に、脇や腕毛といったように他の部位の脱毛と対して痛みに違いを感じない人もいるんですね。

 

どうして痛いのか

どうしてVIO脱毛は、他の部位に比べて痛みを感じやすいのか。

光脱毛や医療脱毛で使用されるレーザーはメラニン色素に反応し、毛根を刺激しダメージを与えます。

レーザーが反応するメラニン色素が多い

体の中でも、毛が太く濃いのが陰毛の特徴です。

毛の色素が濃いということはそれだけメラニン色素の量も豊富であるということが言えますよね。

つまり、レーザーが反応するメラニン色素が多くそれだけ光が反応してしまうため痛みを感じやすいということです。

 

Iラインは特に痛い

また、 VIO部分は皮膚が薄い部位であることも痛みを感じやすい理由になっています。

とくに、Iラインに関しては VラインやOラインに比べても痛みを感じやすい場所であることを知っておくといいかもしれません。

Iラインは特に痛い

 

皮膚に常にダメージが与えられている

デリケートゾーンは、下着との摩擦の影響を受けやすいこともあり摩擦の影響で皮膚に常にダメージが与えられている状態です。

もともと、敏感な場所にも関わらず摩擦での刺激を受けている部位に光を照射していることも痛みを感じやすい理由につながっているでしょう。

 

VIO脱毛は痛い?

 

 

VIO脱毛、光脱毛よりも医療脱毛のほうが痛みが強い?

脱毛サロンでは光脱毛、医療クリニックでは医療脱毛と呼ばれるように同じ脱毛でも施術するところによって使用する脱毛機が異なります。
それぞれでレーザーの照射する出力の差があります。

医療脱毛のメリット

医療脱毛のメリットは、レーザーのパワーが強いこともあり 一回一回の脱毛効果が高く、脱毛完了までの日数が短くてすみます。

脱毛サロンのメリット

その反対に、光脱毛を施術してくれる脱毛サロンでは照射されるレーザーの出力というのが低いんですね。

そのため一回一回の脱毛効果は医療脱毛と比べれば弱く、脱毛完了まで長い日数がかかるのですが、パワーが弱いだけに肌に与えるダメージも少なくてすむんです。
 

【参考サイト】
地域別永久脱毛・サロン脱毛比較

 

痛みは耐えられない人は医療脱毛が多い

「VIO脱毛の痛みは耐えられない」という口コミの多くは、光脱毛ではなく医療脱毛を行っている方の感想が多い傾向にあります。

VIO脱毛、光脱毛よりも医療脱毛のほうが痛みが強い?

 

 VIO脱毛の回数を重ねるごとに痛みは減る?

施術回数を重ねるごとに、少しずつデリケートゾーン全体の毛の成長を止めていきます。

毛周期に合わせて毛根へダメージを与えていきますので、脱毛当初に比べて日が経つにつれ毛は薄くなっていきますし毛量も少なくなっていきます。

つまり、レーザーが反応するメラニン色素というものがどんどんなくなっていくわけなんですね。

初期に受けたVIO脱毛の痛みに比べ て3回目、4回目と回数を重ねるごとに痛みが減っていく傾向にあることも知っておくと安心ではないでしょうか。

 

 VIO脱毛は痛みを感じやすい生理時期は避ける

女性の場合は生理という周期がありますよね。
生理中または前後は、女性ホルモンの分泌が安定せずお肌が敏感になりやすい時期です。

 

生理前後は刺激に弱い

VIOラインはもともとデリケートであるがために、生理前後は通常よりも外的刺激の影響を感じやすいということが考えられます。

 

スケジュール調整を見直す

その影響もあり、生理前後に脱毛の施術をするということは痛みを感じやすいということになりますので、うまくスケジュール調整を行うことは痛みの軽減に繋がるといえるでしょう。

 VIO脱毛は痛みを感じやすい生理時期は避ける

 

痛くないVIO脱毛方法

「絶対に痛みを感じたくない」 「でもVIO脱毛はしたい」という人は多いと思います。

ハイパースキン法

もしそのような考えがあるのであれば、ハイパースキン法と呼ばれる施術を行っているサロンを選ぶというのは賢い方法だと言えるでしょう。

脱毛レーザーを当てているということは、毛根にダメージを与え成長止めるほどの高熱を照射しているので痛みを感じやすいのは当然です。

しかし、ハイパースキン法と呼ばれる施術方法であればレーザーの照射の際に高熱を出す必要がありません。

バジル領域に熱を与える新しい施術方法

毛根部分に熱を与えるのではなく、バジル領域(毛の成長に必要になる細胞を作る場所)に熱を与える新しい施術方法になります。

このバジル領域に、光脱毛や医療脱毛で使われる光に比べて低い熱を与え蓄積させます。
低温の熱を繰り返しバジル領域に照射することで毛の成長を止める仕組みになっています。

バジル領域の活動を止める

毛のもとのもとになるバジル領域の活動を止めるということは結果、脱毛に繋がります。

バジル領域は毛根に比べ皮膚に近い部分にあるため、通常のレザーよりも出力のパワーを抑えても脱毛効果が得られるだけではなく、もともと低い温度設定で照射していることもありVIO脱毛であっても痛みを感じにくいという大きなメリットがあるんですね。

だたしハイパースキン法を取り入れているサロンはまだ少ない

まだ最新脱毛法であることから、ハイパースキン法を取り入れているサロンは少ないですが痛みを最小限に抑えてのVIO脱毛を検討しているなら頭に入れておきましょう。

痛くないVIO脱毛方法

 

VIO脱毛 まとめ

VIO脱毛は、他の部位に比べて痛みを感じやすいというのは事実です。

陰毛の量や濃さでは一概にはいえない問題であるとはいえ、他の部位に比べると痛みを覚悟しておくほうがいいでしょう。

体調、生理周期に合わせての脱毛スケジュールの調整など、VIO脱毛の際に感じる痛みを軽減させる方法はいくつか考えることができます。

出力の強いレーザーを使用する医療脱毛は避けることや、ハイパースキン法のように低温でお肌への負担が少ない脱毛施術を受けることも視野に入れておくといいですね。

VIO脱毛での痛みに不安をどうしても感じてしまうのである人は、サロン選びは重要になってくるでしょう。

 

 

続きを読む

AGA(男性型脱毛症)が原因について紹介します

AGAとは

AGAとは「AndroGenetic Alopecia」の略称で、男性の薄毛や脱毛を意味する男性型脱毛症を指しています。

俗な言い方では若ハゲとも呼ばれており、発症すると額の生え際や頭頂部の毛髪が徐々に抜けたり細くなったり等丈夫さを失って最後には地肌が見えてしまうのが主な症状です。

現在1000万人以上の男性の悩みとして広く知られており、一度発症すると適切なケアをしなければ進行していきます。

その適切なケアとは原因を知る事で行えるものです。

睡眠

 

 

AGAの原因

AGAの原因は大まかに5つの要因に分けられます。

最も発症の原因とされる男性ホルモンに未だ研究が進められている遺伝、そして自律神経に影響を及ぼす睡眠ストレス、それに毛髪の栄養素にダメージを与える飲酒喫煙です。

もちろんこれらを改善させたとしても育毛剤や低出力レーザー治療、植毛など本格的なAGA治療と比べたら微々たるケアと言えます。

けれどもAGAを進行させないためにも、その微々たるケアさえも求められているのが適切なケアの一環です。

 

1.男性ホルモン

男性ホルモン、それは現在確認されているAGAの原因のなかでも最も多いのは男性ホルモンことテストステロンが挙げられます。

正確には、このテストステロンが5αリダクターゼという変換酵素によって生まれ変わったジヒドロテストステロンのせいです。

男性が成長していくうえで欠かせないホルモン

このジヒドロテストステロンは男性が成長していくうえで欠かせないホルモンであるものの、それは思春期までとされています。

思春期、特に胎児の頃は性器の正常化という働きがありますが、大人になればニキビや前立腺の肥大を引き起こす原因です。

ジヒドロテストステロンが発毛を妨げる

AGAにおいてはヘアサイクルを乱し、結果的に発毛を妨げる要因になっています。

そんなジヒドロテストステロンを生み出している原因は実は男性ホルモン以外の原因も深く関わっているのです。

AGAの原因

 

2.遺伝

遺伝もとい男性ホルモンに関わっている5-αリダクターゼという酵素は体質として個人差があります。
要するに人にとって極端に少ない人もいれば多い人もいるわけです。

アンドロゲンレセプター

他にもアンドロゲンレセプターという男性ホルモン受容体が敏感な性質は遺伝しやすく、そのためAGAは遺伝すると昔から囁かれています。

遺伝子検査や検査キット

遺伝とAGAの明確な因果関係は研究中であるものの、その性質を調べるための遺伝子検査や検査キットは一般的に使用可能です。

クリニックでも検査は行えますが、自宅でも行える検査キットは存在しています。

 

3.睡眠

睡眠はストレスと同様に自律神経のバランスに深く関わっています。

自律神経が乱れると・・・

自律神経が乱れると血流が悪くなり、毛髪に欠かせない栄養素が足りなくなって結果的に薄毛になっていくわけです。

睡眠時間を確保できれば

逆に言えば睡眠時間を確保できればAGAの原因が取り除けられるうえにストレス解消にもなります。

AGAとは

4.ストレス

ストレスはあらゆる病気をもたらす原因ですが、AGAにおいては自立神経を乱すうえに睡眠不足をもたらす要因です。

苛立ちや不快感によって睡眠不足になり、それが続くと心身ともに健康を損なってしまいます。

つまるところストレスフリーの生活をしておく事がAGA改善の近道です。

 

5.飲酒・喫煙

飲酒・喫煙、これらは適度な量であれば飲酒と喫煙は問題ありませんが、喫煙は血流の悪化や余分な皮脂の分泌をもたらします。

活性酸素が原因

これは喫煙がもたらす大量の活性酸素が原因で、この際に活性酸素を分解するために大量の亜鉛が用いられているからです。

育毛に必要な亜鉛が消費されてしまう

亜鉛は育毛に欠かせない栄養素なので喫煙のために消費してしまうと、結果的に増毛しなくなります。

アルコールの過剰な摂取

またアルコールの過剰な摂取は健康な髪をつくる栄養素そのものを破壊する効果があるため、飲酒と喫煙が合わせればヘアサイクルどころか細胞自体が大変です。

これらの対策にはタンパク質や亜鉛といった髪にも体にも良い栄養素が満載な食事を摂取し、出来る限り運動をして健全に過ごすようにすることが大切です。

睡眠

続きを読む

▲ページトップに戻る