女性の月経にまつわる4つの時期

女性の月経にまつわる4つの時期

女性には決まった周期で毎月月経があるのが一般的ですが、月経が開始する時期はどのくらいの時期になるのでしょうか。

 

月経を迎える時期-思春期

月経を迎える時期-思春期の頃に迎えるようになりますが、大きな個人差があります。
初めて初潮を迎える年齢は、12歳から13歳くらいが平均的な年齢といえますので、この時期に初潮を迎える子供が多いと考えるといいでしょう。

しかしあくまでも平均的な年齢という事ですので、人によってはそれよりも早い時期に初潮を迎える場合もあります。

ある程度体格が大きくなってきて、身長が150センチを超えて体重が40キロを超えたあたりで来る子供が多いですので、そのぐらいの体格に近づいてきたのであれば、いつ迎えても不思議ではないと考えておくべきです。

月経を迎える時期-思春期

 

月経のある時期-性成熟期

月経のある時期-性成熟期には月経が毎月のように来るようになりますが、思春期から性成熟期を経て更年期へと移り変わっていきます。

性成熟期といわれる年代は18歳から45歳までの間で、この間は月経があると考えておかなくてはなりません。

周期に関しても個人差がありますが、おおむね4週間に一度くらいで迎えるのが一般的ですが、ここからかなり大きく外れていたり、周期が一定していないようであれば、何かの病気が隠れていることもありますので注意しましょう。

数十年の間、月経がある状態になりますが、月経を終える時期もやってきます。

月経のある時期-性成熟期

 

月経を終える時期-更年期

月経を終える時期-更年期といわれる時期になり、40代半ばくらいから50代半ばくらいが更年期の時期になります。

この時期になる、ホルモンのバランスが崩れやすくなり、更年期障害によって体に不調が現れてくることがあります。

月経を終える時期-更年期

更年期障害とは

更年期障害とはよく耳にする言葉ではありますが、女性ホルモンのエストロゲンの変化によって表れてくる症状になります。

年齢とともに徐々に変化しているホルモンの影響を受けることに、体がついていく事が出来ずに起きてしまう不調が更年期障害になります。

更年期障害の症状

更年期障害の症状には体がのぼせたり、立ちくらみや体が疲れやすいなど様々な症状があります。

症状にも個人差がりますが、急なほてりや動悸を感じるようになりますので、その人によって様々な症状で苦しむこともあるでしょう。

症状は体に現れるものだけではなく、心にも表れてくることがあります。
不安感を感じるようになったり、イライラしたりすることが多くなる為、一緒に暮らしている家族にあたってしまったり、人間関係でぎくしゃくしてしまうようなこともあるので、気をつけなくてはならないでしょう。

月経を終えてから-高齢期

月経を終えてから-高齢期老年期を迎えていくようになりますが、体は急激に変化をしていくわけではなく、徐々に衰えが出てくるようになります。

老年期になると、脳や体が急激に衰えていくような気持ちになりますが、鍛えていく事によって、緩やかな衰えにしていく事も出来ますし、むしろ鍛えていなかった時期よりも元気になるような人もいます。

仕事を辞めて家でゆっくりすることが多くなる老年期は、のんびりと穏やかな日々を送ることが多くなりますが、積極的に行動をしていく事で、いくらでも生き生きとした生活が出来るようになりますので、どの様な生活を送るべきかを考える時期です。

体は年齢とともに変化が起きるようになりますし、ホルモンの影響を受けて自分が自分らしくなってしまうようなこともあります。

その変化は誰にでも訪れる者ですので、うまく付き合いながら日々を過ごしていくようにする必要があります。

その時期にあった生活が出来るようにするためにも、どの様なことに気を付けながら生活をすればいいのかを考えるようにし、無理をしない生活を心がけるようにしましょう。

月経を終えてから-高齢期

▲ページトップに戻る