昆虫食の「ANTCICADA」が、東京・日本橋馬喰町にレストランをオープン

スポンサーリンク
コオロギラーメン 昆虫食のANTCICADA
スポンサーリンク

昆虫食の「ANTCICADA」が、東京・日本橋馬喰町にレストランをオープンしました!
「コオロギラーメン」と「コース料理」の2形態で、昆虫食のイメージを覆していきます。

昆虫食の魅力を探究するチーム『ANTCICADA(アントシカダ)』(代表・篠原祐太)が、日本橋馬喰町(東京都)に、レストランをオープン致しました。

「コオロギラーメン」と「地球を味わうコース料理」の2営業形態で、虫をはじめとした様々な生き物たちの魅力を味わえます。

ANTCICADA 隠れ家のような外観

スポンサーリンク

​ANTCICADAについて

ANTCICADAは、昆虫食の魅力を伝える活動をしています。
地球を愛し、探究するレストラン。

昆虫というと、ゲテモノや害虫などネガティブなイメージが先行しがちですが、食材としての魅力と真正面から向き合い、ポジティブな昆虫食のあり方を提案していくということです。今後も楽しみです。

​ANTCICADAのメニュー

世界初のコオロギラーメン

コオロギラーメン

コオロギラーメンは、コオロギから出汁を取った世界初のラーメンは話題沸騰。

2種の国産コオロギをブレンドした出汁をはじめ、「コオロギ醤油」を使ったタレに、特製の「コオロギ油」、さらには「コオロギ練り込み麺」と、様々な形でコオロギの魅力を表現。ラーメン1杯に100匹以上のコオロギを贅沢に使用したという逸品です。

トッピングとしてコオロギがラーメンの上にチョコンと乗っていますが、ビジュアル的に苦手な方のためにトッピングの有無は選びるそうです。

2015年、「ラーメン凪」との共同開発以来、赤坂サカスや慶應大学食堂、日比谷音楽祭、FOODEX JAPANなど全国各地のイベントで完売。さらにはフィンランドやエストニアなど北欧諸国でも人気を博しました。長澤まさみさんや指原莉乃さん、ラーメン王石神さんらも認めた、命を丸ごと頂ける一杯です。

コース料理は日の目を浴びていない生き物たちの魅力いっぱい

ANTCICADA コース

昆虫をはじめ、野草やジビエなど、日の目を浴びていない生き物たちの魅力をコース料理で表現します。

表参道「L’Effervescence」やデンマーク「Relæ」などで修行したシェフの白鳥を中心に、食材としての昆虫の魅力を突き詰め、既存の昆虫食のイメージを一新していきます。

ドリンクメニューも注目!

ANTCICADA ドリンクメニュー

また、コース料理に合わせたドリンクペアリングにも強いこだわりようです。

「辰巳蒸留所」と共同開発したタガメジンや、「遠野醸造」と共同開発したコオロギビール、さらには自家製の発酵ドリンクなど、ジャンルにとらわれない多様な味わいをご用意致します。

​ANTCICADAはオープンキッチン

ライブ感のあるオープンキッチンを眺め、料理が出来上がるまでの様子もご覧ください。お一人様から大切な人とのデート、団体でのご利用も歓迎です。(貸切営業も要相談)

日本の道の起点である「日本橋」で、未知の驚きや発見に溢れた食体験を楽しむことができるはず。

​ANTCICADAの昆虫の品質へのこだわり

昆虫は、保存や処理方法によって品質が変わります。また、養殖昆虫の場合は、餌や育て方により風味が変わります。

ANTCICADAでは、生産者と共に昆虫の生産にも取り組んでいます。コオロギは徳島大学発ベンチャー「グリラス」「太陽グリーンエナジー株式会社」と連携し、安心安全な高品質の国産コオロギの生産に励んでいるとのこと。

また「小林昆虫」が食品検査を通して輸入した昆虫など、独自のルートにより、質の高い昆虫を仕入れています。

​ANTCICADA情報

所在地 / アクセス

JR/都営浅草線 浅草橋駅 西口より徒歩4分
JR 馬喰町駅 C4出口より徒歩3分
JR/東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 4番出口より徒歩8分
都営新宿線・馬喰横山駅 A1出口より徒歩8分

レストランサイト

ANTCICADA
ANTCICADAは、地球を愛し、地球を探究し続けるレストラン。昼にコオロギラーメン、夜に旬の虫を使ったコース料理を提供します。ANTCICADA is a restaurant that loves and explores the Earth we live in.

 

出典:ANTCICADA

タイトルとURLをコピーしました